top of page

【女子プロレス選手】への名誉毀損並びにハラスメント行為防止活動に進展



ワールド女子プロレス・ディアナが進めていた、「【女子プロレス選手】への名誉毀損並びに ハラスメント行為防止活動」において、性的部分を強調する画像をSNSにアップロードしたアカウントについて、 発信者情報が開示された。


以下、公式発表


ワールド女子プロレス・ディアナ株式会社(代表:井上京子)は、本年2023年6月5日より開 始した【女子プロレス選手】への名誉毀損並びに ハラスメント行為防止活動として、試合 中に弊社所属選手の性的な部分を強調する画像を撮影し、SNS等にアップロードを繰り返 し行ったことが弊社の権利を侵害すると主張して、エックス上のふたつのアカウントについ て東京地方裁判所に発信者情報開示命令申立を行いました。その結果、弊社の主張を裁判所 が認め、発信者情報開示命令が発令がされていました。そして今般、同命令に基づき、発 信者情報の開示を受けましたのでお知らせいたします。 引き続き本件への各種対応を進めて参ります。 今後も、名誉毀損並びに ハラスメント行為を確認した場合は同様の対応をさせていただき ますので、何卒ご理解をいただき、より良いプロレス観戦環境整備を選手、ファンの方々と 共に作り上げていくのが弊社の変わらない願いであります。一般の方々からの問題となる行 為をお知らせいただくお問い合わせ窓口もご用意しております。

https://tinyurl.com/2mx25a92 (Google アンケートフォームにリンクします)

Comentarii


Image by Olga Tutunaru

NEWS

bottom of page