top of page

Marvelous8周年後楽園大会 2024.5.3



OZアカデミーの尾崎魔弓との抗争もなかなか決着がつかない状態が続いている中での後楽園大会。桃野がOZのベルトを落とし、尾崎がベルトを独占する中、彩羽と桃野が尾崎と雪妃の正危軍を迎えた。あい変わらずの正危軍の戦い方に桃野は「こんなプロレスはマーベラスのリングにはいらない!」とブチ切れ。しかし、尾崎のライガーボムで危険な落ち方をしてダウン。結局、時間切れでまたしても決着がつかなかった。試合後、AAAWの王座防衛戦をしない尾崎に対し、桃野が「返上しろ」と要求。彩羽も、タイトル戦を要求するが、尾崎はいつものペースで、「やらないって言ってるだろ!どうしてもやりたいなら7月、正危軍vs彩羽をやって、勝ったら考えてもいい」と返答。彩羽が勝てば、8月のマーベラス後楽園大会でタイトル戦が行われる可能性が出てきた。

「 Marvelous8周年後楽園大会」
2024年5月3日 東京・後楽園ホール
観衆:未発表

試合結果
◆Marvelousの大会で臨んだ選手と対戦できる権利獲得ロイヤルランブル 時間無制限 8人参加
①○渡辺智子(1分28秒 体固め)ZONES●
②○青木いつ希(4分48秒 体固め)ブルック・ハボック●
③(8分14秒 同時OTR)ウナギ・サヤカ●、高瀬みゆき●
④○青木いつ希(10分33秒 エビ固め)永島千佳世●
⑤○渡辺智子(12分54秒 体固め)青木いつ希●
⑥○Chi Chi(14分21秒 逆さ押さえ込み)渡辺智子●




勝ち残ったChi Chiは対戦相手に長与千種を指名。さらに「どっちがバービーか決めたい!」とコスチュームマッチを要求した。長与は「お腹出してもいいのか?コスチューム用意するよ」と日程未定ながら、対戦が決定した。

◆タッグマッチ20分1本勝負
ティタス・アレクサンダー&○スター・ボーイ・チャーリー(7分9秒 シューティングスター・プレス→片エビ固め)エル・クーカイ&ジョイ・ジュエル●


◆15分1本勝負
○DASH・チサコ(8分16秒 エクスカリバー→片エビ固め)宝山愛●


◆15分1本勝負
○HAYATA(10分28秒 外道クラッチ)井坂レオ●


◆タッグマッチ
20分1本勝負△彩羽匠&桃野美桜(時間切れ引き分け)尾崎魔弓&雪妃魔矢△





◆AAAWタッグ選手権 30分1本勝負
[王者組]Maria&○川畑梨瑚(18分33秒 首固め)加藤園子●&水波綾[挑戦者組]
※第19代王者組が初防衛に成功。





Commentaires


Image by Olga Tutunaru

NEWS

bottom of page