top of page

スターダム両国国技館大会2連戦


STARDOM KAIRI

 2日目も、注目カードの目白押し。「NEW BLOOD 1」の成功に続き、新世代の他団体の選手も参加するランブルなど。我闘雲舞の駿河メイが勝ち残り。早速AZMが持つハイスピード選手権への挑戦を表明した。ジュリアと鈴季すずの接触では、最終決着は着かず、引き続きDDMとプロミネンスの抗争が継続することに。


KAIRIの2戦目は、今、勢いに乗るスターライト・キッドとのシングル。KAIRIがスターダムを離脱した時は、キッズ・ファイターの域を出ていなかったキッドだが、5年近くの歳月が大きな変化を見せた。終始、KAIRIを追い込み、久しぶりのタイガー・スープレックスも繰り出した。


STARDOM KAIRI

 試合後、KAIRIは「ちょっと今、鼓膜が破れてて、耳が聞こえないんですけど…キッド、エルボー重たかった。思ってた以上に技一つひとつ重みがあったし、気合も入ってたし、すごく試合をしてて火がついた。前のキッドとは別だった。完全決着もう1回つけたい。ここまで腕をやられると思ってなかったから。強くなったと思う。私も課題が見つかったし、鼓膜も破れちゃったので。なんか変だけど、嬉しかった。痛みが嬉しいね。やっぱプロレスしてる実感って痛みを感じてるとき、その痛みに立ち向かう時だと思うので。今日はちょっと課題が見つかったけど、あらためてプロレスって楽しいし。全部の試合がうまくいかないからこそ、プロレスは何年経っても、もっともっと上を目指して追求していかなきゃいけないなって思います。指とか血が止まってます。緑になってる」と、ダメージで鬱血した腕を押さえながらも笑顔を見せる。今後については「とりあえずこの2連戦に向けて調整してきたので、次ははっきり言えないんですけど、もっともっと強くなって帰ってきたいと思います」


 対するキッドは「KAIRIはワンダー・オブ・スターダム、白いベルトの象徴だ。紫雷イオを破って赤いベルトも巻いた。私とKAIRI、似た者同士なんだろお?だったらさ、この女子プロレス界、無差別級の中でこの体格の私がKAIRIよりも白いベルトの象徴になってみせるよ。白いベルトを狙ってくよ!赤も同時に狙っていってもいいんじゃないのって思ったよ。世界にもいろいろ興味を沸かせてくるし、アイツは。」と白いベルト戦線への参入を表明した。


STARDOM スターライト・キッド

STARDOM スターライト・キッド

 その白いベルトの王者・上谷は、“師匠”である中野たむ越えを果たした。「4度目の防衛、成功しました。正直、ボロボロすぎて身体がきつくて、言葉が出ません。今回でたむさんとは7回目のシングルでした。私にとって師匠にあたる存在なんですけど、今日で確信しました。こんなに真正面で全力でぶつかれる相手は、たむさんしかいないと思いました。優しさと強さと愛があふれてて、ホントにこのたむさんから受け継いだ白いベルト、ホントに心から大切にしていこうと思いました。これからも全力投球で突っ走っていきます」。試合後のコメントを出し終わると、ノーサイドで、座り込んで会話し、中野が控室に戻っていくと、その背中を最後まで見つめていた。



STARDOM 上谷沙弥

STARDOM 中野たむ 上谷沙弥


『LECクリンぱっ!Presents STARDOM WORLD CLIMAX 2022 ~The Top~』
2022年3月27日 東京・両国国技館
観衆:3085人(満員/コロナ対策限定人数)


◆フューチャー・オブ・スターダム選手権試合 15分1本勝負
[王者]○羽南(6分20秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)桜井まい●[挑戦者]
※羽南が4度目の防衛に成功


◆シンデレラ・ランブル 時間無制限勝負
○駿河メイ(25分24秒 ほうき星→片エビ固め)天咲光由●


<退場順>
①向後桃②ななみ③月山和香④レディ・C⑤琉悪夏⑥宝山愛⑦水森由菜⑧吏南⑨鹿島沙希⑩稲葉ともか&飯田沙耶⑫白川未奈&梅咲遥⑭Maria⑮Aoi⑯ウナギ・サヤカ


◆黄金世代シングルバウト 15分1本勝負
○林下詩美(11分22秒 胴締めスリーパーホールド)MIRAI●


◆Generation of Destiny シングルマッチ 15分1本勝負
○渡辺桃(12分19秒 ピーチサンライズ)葉月●


◆ハイスピード選手権試合 3WAYバトル
[王者]○AZM(8分10秒 あずみ寿司)なつぽい●[挑戦者]
※もう1人はコグマ
※AZMが初防衛に成功


STARDOM AZM

◆海賊王女スターダム復活 スペシャル・シングルマッチ 30分1本勝負
○KAIRI(17分51秒 インセイン・エルボー→片エビ固め)スターライト・キッド●


◆DDMvsプロミネンス 8人タッグマッチ
○ジュリア&舞華&ひめか&テクラ(16分3秒 ノーザンライト・ボム→片エビ固め)世羅りさ&鈴季すず&藤田あかね&●宮城もち


◆ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
[王者]○上谷沙弥(21分10秒 片エビ固め)中野たむ●[挑戦者]
※上谷が4度目の防衛に成功


◆ワールド・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
[王者]○朱里(28分57秒 白虎)岩谷麻優●[挑戦者]
※朱里が3度目の防衛に成功

Image by Olga Tutunaru

NEWS

bottom of page